「改憲もってのほか」 宮崎駿監督

「改憲もってのほか」 宮崎駿監督の冊子寄稿、反響大きく

中日新聞 夕刊にはその抜粋記事が載せられていますが、本稿はこちら→

直接のリンクは禁止されているようなので、ダウンロードしてご覧下さい。

明日の18時までです。




ワタシはもう投票してしまったけど、志は同じです。









憲法は国民を縛るモノでは無く、権力を統制するものなのに、
今度の改憲案はまさに国民を縛るものになっている。
そうなれば、自由がなくなる。自由な発言ができなくなる。
「今」ではなく、「将来」を考えるのが大事では無いのか?

by i-qss | 2013-07-19 17:51 | 日々... | Comments(2)

Commented by あかひめ♪/西澤 康裕 at 2013-07-19 22:30 x
国会議員&国会議員候補が、憲法改正を訴えて暴れているが…肝心なことを誰も言わない…【 憲法改正には、全有権者総数の過半数の賛成が必要である。 】 ・・・・・普通の選挙と違い、分母が、《 投票者総数 》ではなく、《 全有権者総数 》 となっているのだから、国会で、議員総数の過半数だ!3分の2だ! と醜い争いをする暇があるなら、他のことを議論しろと…

悪法極まりない、自立支援阻害/自滅支援/自爆支援/自殺支援法の撤廃は、一体どうなった????? と、自滅支援医療受給者証の期限が切れて、2ヶ月経過している人…
Commented by i-qss at 2013-07-24 09:48
あかひめ♪/西澤 康裕 さん、おはようございます。
勢力優勢となった選挙前日から、彼らの言うことがガラッと変わりましたね。
でも、参議院の2/3は取れなかったんでひとまず安心です。
今後3年間はまだ改憲には動けないでしょう。

それより別のことをもっと議論して欲しいモノです。
困っている人がたくさんいるというのに・・・(-_-;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。