EF66 のウェザリング

今週からさらに寒くなりましたね。
我が家でも石油ストーブがフル活動にて寒さを凌いでおります。

ファンヒーターやエアコンも便利ですが、
直火の暖かさといつでも熱い湯が沸いているのは有り難いです。








さて、来週のイベントに備えてボチボチと準備しています。

とはいえ今回は増備したものもあまりないので準備と行っても殆どやることは無し。

先日ウェザリングしたEH10 に気をよくしたワタシ、今度はEF66を手がけてみました。

このEF66はすでにかる~くウェザリングしてあったのですが、
師匠が撮影したこれらの写真を元にもう少し実物に即した印象にしてみました。

ワタシの手法はいつものウェザリングマスターです。
師匠に以前聞いた、フィキサチーフを吹いてからマスターをハケでパタパタやっています。
下の写真でも、右がウェザリング前(と言っても若干やってあります)、左が今回のウェザリング。
b0062687_17393558.jpg

だいぶ印象が変わります。
もっとも実物はこんなにキレイに?汚れてないのですが・・・

下>屋根上はもっと汚れている印象ですが、写真ではなかなかムツカシイです。。。
b0062687_17394112.jpg


を!パンタが浮いてる!
デジカメルーペだと良く分かります。。。orz
b0062687_1739483.jpg



下>今回は下回りもバラしてそれなりに施したつもりでしたが、やはりまだまだアマイですね。。。
b0062687_17395589.jpg



下>露出オーバー気味ですが、この感じが近いかも?
b0062687_17395738.jpg



塗装で表現すればもっとアラが無くなるのでしょうが、寒い鉄部屋ではやる気が起きません...(^^ゞ
b0062687_17442088.jpg



今回は稲沢を題材にするとかしないとか・・・??
皆さんの布陣が楽しみデス。。。(^^)
Commented by 子連れ狼 at 2013-12-21 08:36 x
お久です。^^ やってるね~。
ウェザリングの世界は深いからね。
チッピング、フィルタリングで検索するといろんな手法が出てきますよ。
汚したい部分だけさらっと艶消し材を吹きかけたうえでやると定着良いですよ。 
Commented by S.やくも at 2013-12-22 20:39 x
特定の箇所からタレた感じを出すといいのカモ。

EF510-500(旅客)のウェザリングをしようと思ったら、常時ピカピカでウェザリング不要なことが分かって唖然としました。
Commented by i-qss at 2013-12-24 11:52
子連れ狼さん、こんにちは~!
やればやるほど上手くできない自分が情けなくなります・・・orz
チッピングなんてのもあるんですね。
今度やってみます。
いつもありがとうございます~(^^)/
Commented by i-qss at 2013-12-24 11:53
S.やくもさん、こんにちは~!
そう、フィルターの角から汚れが垂れてるんですよね~
そういうのを上手く表現する方法がないものでしょうか・・・?

え?ゴトーさんってそんなにいつもピカピカナンスか・・・??
Commented by 子連れ狼 at 2013-12-25 00:10 x
雨ダレとか排気口周りの汚れなんかの表現は
一度濃い目の塗料をちょんと置いて置いてうすめ液を染みこませた筆で雨の流れる方向へ引いてやるとそれっぽくないますよ。

だた注意点が一つ。
おそらくボディがABS樹脂のような気がするんでエナメル系は要注意。
浸透性が高いため割ることがあります。
対策としてうすめ液の代わりにジッポーオイル(揮発性が高いためすぐ乾きます)や水性塗料が安全です。
戦車系の模型サイトがこういうの詳しいですよ。
Commented by i-qss at 2013-12-25 22:20
子連れ狼さん、こんばんは!
ご教授ありがとうございます!
次回試して見ます~(^^)

ABS樹脂>これってフツーのプラってことですか?
材質は良く分かりませんが、注意してやってみます。
ジッポオイルも確かウチにあったような・・・?(タバコも吸わないのに(^^ゞ)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by i-qss | 2013-12-19 17:53 | 鉄道模型(16番) | Comments(6)