七百億円の価値

今朝の中日春秋より引用。

*****

七百億円。
明日衆議院が解散され、総選挙になると、それだけの税金が費やされることになるという。

七百億円あれば何ができるだろう。
みるみる間に、死者が五千人を超えたエボラ出血熱。
国連はエボラ熱への対策で一千億円余が必要だと訴えている。
日本政府も百六十億円ほど出すそうだが、ポンと七百億円出したなら、国際社会もさぞかし目を見張るはずだ。

国内に目を向ければ、子どもの六人に一人が貧困状態に陥っている現実がある。
中でも深刻なのは、ひとり親家庭の相対的貧困率が五割を超えていることだ。
これは先進国の中でも最悪の水準である。

ひとり親への児童扶養手当などは、子どもが高校を卒業する時に打ち切られてしまう。
経済的な理由で進学をあきらめる子が多いことを考慮して、せめて二十歳までは延長をという声が強い。
このために必要なのは年四百二十億円ほどだという。

ちなみに、定数四百八十人の衆院議員には、一年で税金からいくら支払われたか。
歳費と文書通信費、それに公設秘書への給料などを合わせ、おおよそ三百五十億円だ。

二年前にも七百億円かけて選んだ議員に、この間七百億円払い、また七百億円かけて選び直す。
そういう選挙が始まるわけである。

**********引用ココまで。


自民党がまた大勝すれば、今度もまた国民の信任を得たと言って、
好き勝手なことをするのは目に見えている。


アホクサ!

何も変わらないよ。


と言うのは簡単だけど、その前に選挙に行きましょう!

by i-qss | 2014-11-20 09:19 | 日々... | Comments(2)

Commented by 子連れ狼 at 2014-11-21 09:07 x
これについては僕も思うことあり。
税金から算出>これが問題なんだよね。 誰のお金でもないから痛みを感じないんだろうな。 政治って成功報酬(たいはんの働く人はこれだよね)じゃないから失敗してもごめんなさい。 面倒になったら解散。
軍国主義は変わってないし変わらない。
取れるとこからとったれ税ばかりが課せられ
企業なびきの<癒着だらけでしょ企業と>政治家ばかり。
ここまで来てるのになぜ『国をよくするため』の政治にならない? 誰が強いか? 政治家の派閥くらべに付き合わされるのは御免だね。 情勢が変われば様々なことが変わって行かなければいけないのに一人も減らない政治家。
臨時国会やると数千から億のお金が動いている現状も内緒ごと。 政治離れもある意味心理作戦かもよ。
うちも将来不安だなぁ。 あてにもしてないんですがね国なんて。
Commented by 原鉄 at 2014-11-21 12:25 x
仮に2000万円の住宅を建てたとしたら、3500棟も建てられる。
津波で家を流されてしまった人に、建ててあげた方がまだましな使い方だと個人的には思います。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。