棄権のすすめ

<棄権のすすめ>

有権者がすべて棄権して、私が唯一の投票者なら、国の未来は私ひとりが左右できることとなる。それはないが、半数の有権者が棄権すれば、私の投票効果は2倍となる。棄権する人が多いほど、投票効果は高まる。かくして若者の苦境を尻目に、われらご老体の天国が出現する。文句あるかね。

同じことが組織票に依存する一部の政党についても言える。浮動票が棄権することで、一部の政党は恩恵を受ける。棄権という白紙委任状を提出することで国民はそういう傾向を助長するという選択をしている。

そう、無理しなくていいんだよ。せっかくの休日なんだから、政治不信とか何とか格好つけて、選挙なぞ無視して遊びに行くのもゴロ寝を決め込むのもひとつの選択だもんね。当然のことだが、私は敬老精神に満ちた候補者に投票して恩恵をあずかる。文句あるかね。




*****

これは今朝の中日新聞の記事から抜粋した、79歳の元教師による投稿です。


いろいろ考えさせられますな。。。
Commented at 2014-12-17 17:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by i-qss at 2014-12-23 21:14
yamasangingaさん、こんばんは~!
まさにその通りで、若い人に向けて、選挙に行かないと大変なことになるよ、と知らせてくれているのでしょう。
若い人がこれからの生活を本当に考えたら選挙には絶対に行くべきです。

もっとも与党は投票率が上がるのは好まないでしょうから、今後も若い人が行くように仕向けることはしないでしょうね。ネットを活用して若い人たちに選挙へ行くようにさせることはいくらでも出来るでしょうに・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by i-qss | 2014-12-14 22:09 | 日々... | Comments(2)