今年初の・・・!

今年は、なんだかツーリングに運がない。

1月の初日の出、2月大王崎、3月番外に4月定例と、全て天候不良で中止、
しかも、3月定例も仕事で行けずじまい・・・。

こんなに走れない年も珍しい。
という中で、やっとまともなツーリングをすることができた。

Bi-Vo というバイクボランティア団体主催のツーリングで、
現地集合という形ではあったが、10名ほどの仲間と一緒に走り談笑した。

もっともこのツーリングは、団体の趣旨である災害時の動きをシミュレートするために
行われたことから、一風変わった内容であった。

まずは、根尾断層記念館で濃尾地震の知識を得、
その後、被災地へ向けトラックを先導するという設定で
10kmほどのツーリングを実施した。

無線機を持たず、マスツーリングも知らない者同士、
どうやったら安全に目的地にたどり着くか・・・
普段では味わえない緊張感が漂うツーリングであった。

さて、濃尾地震について・・・
1891年(明治24年)10月28日の早朝、岐阜県・愛知県を中心に起きたこの地震は
日本の内陸部で発生したものとしては最大級の規模でM8.0と推測されている。
(死者7273名、全壊建物14万棟)

その時に出来た根尾断層は、最大6mものズレ(隆起)が起こり
今なお、この付近にもその痕跡が見られます。(下写真は根尾断層館内の断層)
b0062687_2249553.jpg

ちなみに(単純な比較ですが)M7.3の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)は
淡路島で右横ずれ約1~2m、南東側隆起約0.5~1mですから、
濃尾地震の大きさがわかります。地震の規模が0.7違うだけなんですが。

この地震があったおかげで、前回(終戦直後)の東海地震が起こらなかったと、
例の「震災列島」では記されています。
本当かどうかはおいといて、興味の惹かれる部分ではあります。

(下写真は、根尾断層館付近の断層:道路脇の白い看板より左奥へ向かって断層が伸びています。)
b0062687_22491773.jpg

by i-qss | 2005-05-03 22:30 | バイク/クルマ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。