昨日の夕刊に、17歳のコーギーちゃんが紹介されてました。
名前がなんと「苺(いちご)」と、ウチのワンコと同じ!o(^^)o
(ウチのはひらがなですけど)
母犬「ふう」は13歳で虹の橋へ旅立ったけど、いちご と りん は何歳までこちらに居てくれるかな?

さて、久々に絵本を仕入れました。





つづきます→
by i-qss | 2017-02-23 18:01 | 本・小説 | Comments(0)

月が綺麗ですね

トランプさん、メキシコとの関係について早くも改善するような感じですね~
お偉いさんになればなるほど言いたいことが言えなくなるってのを実感されてるかもね~。。。(^^ゞ


さてさてさて、、、

まだまだ寒い昨今ですが、こういうのでココロを温とうするのもエエですな~♪



※時間のあるときに、ゆっくり、ゆ~~っくり、見ていくとイイです
※BGMが流れます


たまたまツイッターで見つけたんですが・・・

最近、「君の名は。」の影響なのか、こういうのにとっても弱いです。

どのチャプターも じ ん わ り と ココロ に ます。



特にコレ・・・





歳を取ってトキメかないことが多くなってきた。

なんて思ってたけど、

まぁ、でも、、、年齢は関係無いな。

こういう気持ちはいつまでも大切にしていこう。


って、単純なだけ。。。。σ(・_・)??


で、、、、

スミマセン、


『月が綺麗ですね。』


の意味。



知りませんでした。。。。。



そんなセリフ、言ってみたいなぁ・・・(☆。☆)








by i-qss | 2017-01-29 00:01 | 本・小説 | Comments(0)

「真夜中のパン屋さん」

今日の18時50分頃だと思うが、どっかで見た顔が中京テレビに出ていた。

もっとも、チャンネルを変えた途端に見え、次の瞬間には変わっていたので定かではないが、たぶん四日市のあの人だと・・・(^^ゞ

ま、会場がアソコだから、まず間違いないと思うがw

(違ってたらゴメンナサイm(_ _)m)

そういや、自分も昔 修善寺でインタビューされたことがあったなと懐かしく思う。

修善寺にもまた行きたいねぇ(^^)


さて、本題。

「真夜中のパン屋さん」である。
b0062687_955081.jpg


ちょうどNHKの日曜日夜10時から放映され始めたところで、第1話をこの前の日曜日に見た。
いや、正確には25分頃から見たのだが、途中からだったんで入りが良く分からず、どういう物語なのかとググったら原作があるらしいので取り寄せてみた。

実はこの続編が2冊有り、とりあえず最初の一冊を読了。


うん、なんだかココロがほんわかする物語です。

ちょいと無理が設定も見受けられるけど、いろんな人が絡み合って都会を人生を生きていく・・・ってな印象。

続編も読みたいんですが、今はアレを仕上げなきゃいけないんで、ちょいと中断(^^ゞ


そう、5月6日(月・祝)に運転会があるんです。
今回は少人数ですが、次回からはもっと大勢でワイワイやりたいですね~(^^)



あ、丸栄は7日の午前中に行こうかな~?






そうそう、

真夜中のパン屋さんを見ると、無性にパン(それも菓子パンw)が食べたくなります。
最近また太ってきたから、節制せなアカンのやけど・・・(^^ゞ
by i-qss | 2013-05-02 21:24 | 本・小説 | Comments(4)

「風の中のマリア」

おはよーございます。

ノーネンちゃんが気になるオジサンですw

『じぇじぇ!!』
b0062687_22284414.jpg




ついに、こんな雑誌まで手に入れる始末ww
b0062687_2217442.jpg


30年前、「明星」「平凡」などがあった時代に戻ったん?www


そういや、また北三陸観光協会サイトが更新されましたね。


今回は早かったべ!

ヒロスィ!ガンバっだな!w

んでも、再生回数カウンターが止まってるべさ・・・(;´Д`A







と、、、戯れ言は置いといて、


一気に読了したこの一冊。

「風の中のマリア」
b0062687_22174638.jpg



簡単に言えば、「オオスズメバチの働きバチの一生」を書いた本。

とゆーことになるんだが、これもまた面白い。

当然、ハチとか虫とかがたくさん出てくるんで、狩りの表現についてはゴハン中に読むのは止めた方が良いと思われますが。。。(笑)

ま、それに慣れてしまえば、いやはや大変な一生を送ってるんだなという物語が展開されるわけで、
擬人化してる主人公の思いや葛藤などもただ単に書いてるわけでなく、裏付けがあるところなんかは感心してしまいます。

人間にも幾多の物語があるように、こういう昆虫たちにも多様な生き方があるんだと思わせられる小説です。

ページ数も少なくて読みやすいのがイイですね。

うん、冒険活劇みたいな感じです。







次は、「真夜中のパン屋さん」

今、NHKで放送されてますね。
この前の日曜日に第1回が放映されましたが、ネタバレになっちゃうかな?(^^ゞ





つーか、本ばっか読んでて、肝心のアレが進んでないっぺ!!...orz
by i-qss | 2013-04-30 06:00 | 本・小説 | Comments(2)

えーと、そう、今日は某所で運転会が行われていたんですが、結局行けませんでした。。。

やはり江戸は近いようで遠い...(´Д` )

(いや、貨車乃守さまがナニワから行っているんだからココから遠いというのも気が引けますが。。。)


ま、とりあえず今は来週の運転会に向けて準備したいところ・・・

もしかしたら、当日は会場へ行く前に四日市市末広町へ赴くかも?
でも祝日は動かないんじゃ???(^^ゞ



さて、、、

先日ちと早起きできたんで、遠くの方へワンコと散歩しておりました。

そしたら、ツツジがキレイなトコに出くわして・・・
b0062687_1813376.jpg


(↑なんだかワンコの顔にヘンな影??)

いや、綺麗でしたヨ~
ちょうど朝方に雨が少し降ったようで・・・
b0062687_181312.jpg




で、この本(全然脈絡ナイですがw)
b0062687_18131089.jpg


あまり小説など読まない私ですが、「本屋大賞」という文言に惹かれて読んでみました。

本屋さん目線で読んで欲しいというのを投票で選んだ本らしいんです。
どこぞのエライさんがよってたかって選ぶ賞じゃないってのがちょいと引っかかった、ってトコです。(ヒネクレモノなんでw)


「孫がゼロ戦乗りの祖父を探す旅」

と、ひと言で言えばそんな小説なのですが、

中身けっこう濃ゆいです。。。


当時の社会構造、今も全く同じなんですね。
ハラも立ちましたが、なんというか、グッとくるところが大きく・・・(;´Д`A

久しぶりに読んでて目の前にタキ???が。。。

いや、良かったッス。



この人の作品をもうちょっと読んでみたくなりました。



次は「風の中のマリア」です。
by i-qss | 2013-04-29 18:40 | 本・小説 | Comments(4)