<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

愛・地球博(2回目)

昨日29日、2回目の万博入場午前11時頃に家を出て万博に行ってきました。

今回は、地下鉄~リニモルートで、もう一駅先の陶磁器資料館駅で降りて
東ゲートから入ってみました。(約1時間)
案の定まったく人がいない状況で、前回カキコの引換券を本券に替えて入りましたが、
売り場・入り口とも待ち時間ゼロ。

ちなみに、親父と母も同時に家を出て、北ゲートから入りましたが、
母の全期間入場券を買うために売り場に40分くらい並んだそうです。
(係員の案内では1時間待ちと言われたそうです。)
が、入り口は待ち時間ゼロということでした。

トヨタ館にも近いので、入るなら東ゲートを使うべきでしょう。
さらに、一昨日夕方のNHK・ほっとイブニングでは、
万博に入るルートとして、オーソドックスな
1.地下鉄リニモ 2.JR愛環 3.直行バス
の他に、万博八草駅から瀬戸会場行きシャトルバス&モリゾーゴンドラ の
裏技?を紹介していましたので、
今後はこちらからのルートが混雑すると思われます。

でも、まだ東ゲートルートはイイみたいですな。。。(^_^)

さて、中に入ってからは、まず、JARLのブースで、
アマチュア無線をオペレートしてきました。
コールサインは、8J2AI です。
http://8j2ai.jarl.or.jp/

時間が13:30~14:00ということで
わずか5局しか応対できなかったですが、楽しめました。
次回は夕方から挑戦してきたいと思ってます。
平日はオペレートする人がいないようで、ガラガラでした。
上のサイトではライブカメラもありますのでオペレート状況がわかります。

その後は、西の方へ行き、地球市民村からグローバルコモン6へ移り
東南アジアの各館を回っていました。
シンガポール館とオーストラリア館は待ち時間がありましたが、
風が強く寒かったので待たずに入れる他の館を見て回り、
グローバルハウスや大地の塔なども外から見るだけ見てきました。
こちらはかなりの人が並んでいましたねー。
整理券もすぐなくなってしまうようで、
係員の人が質問攻めにあっていました。
もう少し整理券の配布方法を考えるべきですね。協会は。

やはり風が強く、4時を回ると寒さに耐えきれず、
5時過ぎには北ゲートからリニモに乗り帰ってきました。
もうちょっと冬に近い装備をしていくべきでした。
まだまだ寒いです。。。

なお、帰りのリニモは、1列車待ちくらいで乗れました。(17:27分発)
まぁ日によって違うのかもしれませんが、昨日はほぼ待たなくて乗れたと言って
良いでしょう。ただし、混雑度はそれなりです。

下の写真は、会場限定で販売されていた、「リニモ切手セット」です。
他にもタオルセットなどもありました。各1000円ナリ。
b0062687_9555966.jpgb0062687_9561743.jpg

by i-qss | 2005-03-30 09:46 | 愛・地球博 | Comments(2)

さっそく!

行ってきました~!

『愛・地球博』!!

開幕初日に入れるとは夢のよう??

ま、全期間入場券を手に入れたい一心で
万博現地の入場券売り場へ行ったのですが、
通常大人のものはやはり売り切れ。

ですが、幸いにも代替券での販売をしており、
無事に買うことが出来たのです。

代替券は、28日まで入れるというもので、
29日以降は会場の売り場で通常の全期間入場券に引き替えができるという。

写真がないので、誰でも入れることになるが、
これくらいは博覧会の落ち度というものだ。

なにしろ、フツーに手に入れようとすると、
4月中旬になるという旅行代理店の話だから
現地へ行ったのは正解だった。

とりあえず、4月の休日は毎週行くことが決定した。
(5日、11日、18日、26日の4日間の予定)

今夜も入ったので、計5回は行くことになる。

5月になると、小中学校の社会見学等で混み出すだろうから、
その前に行っておかないとね・・・

あ、それから、今日のように、7時に店を閉めた後に
1時間かけてでも行って、それなりに楽しめるのだから
今後もこのパターンで何回か行くつもりだ。

同様に考える人は多いだろうし、特に夏の夜は賑わうことだろう。
b0062687_2343180.jpgb0062687_23432236.jpg
b0062687_23433732.jpg

by i-qss | 2005-03-25 23:47 | 愛・地球博 | Comments(2)

地図。

昨日、ツーリングマップル2005年度版を購入してきた。

中部北陸版は1年おきに買っていたが、
昨年買った04年版をすぐに雨天走行でボロボロにしてしまったので
05年版を買った次第。

ついでに、かなり古くなった、関東版と関西版も一緒に更新した。
ちなみに、以前の関東版は2000年版、関西版は02年版だった。

関東はあまり行かないが、関西はけっこう行くことが多いッス。

今年からバイクがツアラーになったこともあるし、
伊豆や富士山方面にも足を伸ばしてみたい。
秋には定例ツーリングで「姫路城」に行くという企画もあるんだよね。

と、、、遠出が多くなるだろうと、思い切りました。
まぁ、図書券が4枚(2000円分)あったというのもあるんですけどね。(^^;)
かなり助かりました。。。b0062687_23544222.jpg

by i-qss | 2005-03-23 23:55 | Comments(0)

アトラスRDXって?

アトラスRDXを少し前に買いました。

もちろん「2005年度版」を購入したのですが、私の買ったのは、表紙が白いのです。
(写真参照)

でも、現在売られている同年度版は、昨年と同じ、紺色の濃い色なんですよね。

折しも昨日友人の家で集まった時に、私のアトラスを見せて
「今年のは白いんだよ~」なんて言っちゃったので余計に始末が悪い・・・(-_-;)

いったいどういうことなのだろうか?

誰か、わかる人居ませんか???b0062687_095462.jpg

by i-qss | 2005-03-22 22:06 | Comments(4)

ホームコース?

久しぶりにVFRを走らせた。

1~2月とツーリングが悪天候で中止になったこともあり
あまり乗れなかったが、ちょっと暖かくなったきたし
ウズウズしてきた。

カウルの塗装が終わってから、ひとっ走り!
10分も走ると、某埠頭に着く。

ここに至るまでの道程が気に入っている。

中速コーナーを抜けると港の風景が広がる。
夕方と言うこともあって景色が一段ときれいだ。

今年はこのバイクでガンガン走るゾ~!!b0062687_1295241.jpg

by i-qss | 2005-03-21 22:50 | VFR800VTEC | Comments(0)

カウル修復・8

今日は天気が良かったので、久しぶりにカウルの修復に取りかかる。

と言っても、サーキットで削れたカウルではなく、
ヤフオクで落とした、赤いサイドカウルの再塗装なんですが。

塗装の師匠曰く、元がキレイなら楽に塗り上がるということで、
やってみたのだが・・・

ワックスオフで油膜を落とし、
サフェーサーを吹く。

が、途中でサフェーサーが切れた・・・(ToT)

早速注文する。。。が、今度やれるのはいつのことか・・・。

下左:塗装前 右:塗装後
b0062687_11461382.jpgb0062687_11462432.jpg

by i-qss | 2005-03-21 21:31 | VFR800VTEC | Comments(0)

なんという・・・

『本日午前10時53分、福岡・佐賀で震度6弱の地震が発生』

数日前に「死都日本」を読んだばかりで、この地震とは・・・

折しも「火山」に興味が湧き、
いろいろな火山関連サイトを覗き始めたところだったので余計に気がかりです。

まさか、あの本のような「破局的火山災害」が起こるとは思えないけど、
まぁ本当にビックリしました。。。

ちょっと心臓に悪いですよ・・・(-_-;)マジで。

「死都日本」については、火山研究者の間でも話題になっている本でして、
いろんなサイトで紹介されています。

参考までにどうぞ。
静岡大学小山教授
『現代社会は破局災害とどう向き合えばよいのか』

by i-qss | 2005-03-20 21:54 | 災害 | Comments(0)

死都日本

1ヶ月ほど前に購入しておいた、石黒耀原作「死都日本」を読んだ。

今年初めに同氏の「震災列島」489ページを読むのに数日かかったから
今回の520ページもそれくらいかかるだろうと予測していたが、
予想に反し、半日かからずに読破した。

店があまり忙しくなかったのもあったが、それよりなにより、
この物語に引き込まれる力が大きかったと言うことだろう。

「震災列島」は自分の身に近い将来現実に起こる事実を見てしまった感があったが、
「死都日本」もかなりそれに近いモノがある。

スケールとしては東海~東南海大地震を扱った「震災列島」より途方もなく大きく、
まさに天地変動の怖さがリアルに描かれている。
地球全土に影響を及ぼす、破局的大噴火の恐ろしさを目の当たりにした。
地震よりも火山噴火の方が遙かに災害規模が大きいということをあらためて思い知らされた。

それに付随して語られる幾多の伝説(古事記・アトランティス大陸など)への新?解釈とともに
この災害に立ち向かう人々の息をもつかせぬ展開に我を忘れて読みふけった。

途中、仕事をしながらもどこかうつろだったようで、帰り際にお客さんから
「今日はいつもと雰囲気が違うね」などと言われる始末。。。(^^;)
まぁ彼は古い友人なので、自分の回りに漂う空気が微妙に違うのに気が付いたのかも?
こんなことじゃ商売失格だろうけどネ。。。

基本的にはノンフィクションなんだけど、明日起こってもおかしくない災害として、
教本になってもいいのではないかと思うほどだ。

少しでも興味を持った方はゼヒとも読んで欲しい。

『災害は忘れなくてもやってくる!』 のだから。

石黒耀 著
「死都日本」 講談社 2300円 ISBN4-06-211366-X
「震災列島」 講談社 1800円 ISBN4-06-2b0062687_9391027.jpg12608-7

by i-qss | 2005-03-18 09:40 | 災害 | Comments(0)

R1200ST

このスタイリングには、賛否両論ありましょうな~。。。

私はけっこうゲテモノ好きなので、
こういうのも好きですね。

もう少し車輌価格が安ければ考えるんですけど。。。

長く乗れるからトータル的に安くなるって言うけど、
ランニングコストもけっこうしますからネ~。

とはいえ、某メーカーじゃないけど、
「いつかは・・・」と思わせるに十分なステイタスがありますね。

そうそう、R1200RTも変わりましたね。ガラッと。
ヘッドライト回りがホンダのSTX1300に似てるのがちょっと気になりますが(^^;)b0062687_2335285.jpg

by i-qss | 2005-03-16 23:04 | バイク/クルマ | Comments(0)

B型

いやいや、まさか自分がかかってしまうとは。。。

インフルエンザB型。
この冬もっとも流行っている病気。

3月1日(火)の休日に、ちょっと寒いと思いつつ屋外でバイクをいじっていたのがいけなかったようで、
次の水曜日に咳が、その次の日より熱が出て寝込んでしまった・・・

木~日曜日、
熱は37~39度をいったりきたりで
ウンウンと唸るほどでもないが、
かなりフラフラ状態であった。。。

月曜日になりようやく熱が収まり、
通常の生活に近づいたが、

直立するだけでフラフラする!のには閉口・・・(-_-;)

今まで散々
「犬と散歩しているから風邪なんて引かないよ!」と
言いふらしていたのだが

何も言えなくなった・・・ _| ̄|○

by i-qss | 2005-03-09 18:12 | 日々... | Comments(2)