死都日本

1ヶ月ほど前に購入しておいた、石黒耀原作「死都日本」を読んだ。

今年初めに同氏の「震災列島」489ページを読むのに数日かかったから
今回の520ページもそれくらいかかるだろうと予測していたが、
予想に反し、半日かからずに読破した。

店があまり忙しくなかったのもあったが、それよりなにより、
この物語に引き込まれる力が大きかったと言うことだろう。

「震災列島」は自分の身に近い将来現実に起こる事実を見てしまった感があったが、
「死都日本」もかなりそれに近いモノがある。

スケールとしては東海~東南海大地震を扱った「震災列島」より途方もなく大きく、
まさに天地変動の怖さがリアルに描かれている。
地球全土に影響を及ぼす、破局的大噴火の恐ろしさを目の当たりにした。
地震よりも火山噴火の方が遙かに災害規模が大きいということをあらためて思い知らされた。

それに付随して語られる幾多の伝説(古事記・アトランティス大陸など)への新?解釈とともに
この災害に立ち向かう人々の息をもつかせぬ展開に我を忘れて読みふけった。

途中、仕事をしながらもどこかうつろだったようで、帰り際にお客さんから
「今日はいつもと雰囲気が違うね」などと言われる始末。。。(^^;)
まぁ彼は古い友人なので、自分の回りに漂う空気が微妙に違うのに気が付いたのかも?
こんなことじゃ商売失格だろうけどネ。。。

基本的にはノンフィクションなんだけど、明日起こってもおかしくない災害として、
教本になってもいいのではないかと思うほどだ。

少しでも興味を持った方はゼヒとも読んで欲しい。

『災害は忘れなくてもやってくる!』 のだから。

石黒耀 著
「死都日本」 講談社 2300円 ISBN4-06-211366-X
「震災列島」 講談社 1800円 ISBN4-06-2b0062687_9391027.jpg12608-7
# by i-qss | 2005-03-18 09:40 | 災害 | Comments(0)

R1200ST

このスタイリングには、賛否両論ありましょうな~。。。

私はけっこうゲテモノ好きなので、
こういうのも好きですね。

もう少し車輌価格が安ければ考えるんですけど。。。

長く乗れるからトータル的に安くなるって言うけど、
ランニングコストもけっこうしますからネ~。

とはいえ、某メーカーじゃないけど、
「いつかは・・・」と思わせるに十分なステイタスがありますね。

そうそう、R1200RTも変わりましたね。ガラッと。
ヘッドライト回りがホンダのSTX1300に似てるのがちょっと気になりますが(^^;)b0062687_2335285.jpg
# by i-qss | 2005-03-16 23:04 | バイク/クルマ | Comments(0)

B型

いやいや、まさか自分がかかってしまうとは。。。

インフルエンザB型。
この冬もっとも流行っている病気。

3月1日(火)の休日に、ちょっと寒いと思いつつ屋外でバイクをいじっていたのがいけなかったようで、
次の水曜日に咳が、その次の日より熱が出て寝込んでしまった・・・

木~日曜日、
熱は37~39度をいったりきたりで
ウンウンと唸るほどでもないが、
かなりフラフラ状態であった。。。

月曜日になりようやく熱が収まり、
通常の生活に近づいたが、

直立するだけでフラフラする!のには閉口・・・(-_-;)

今まで散々
「犬と散歩しているから風邪なんて引かないよ!」と
言いふらしていたのだが

何も言えなくなった・・・ _| ̄|○
# by i-qss | 2005-03-09 18:12 | 日々... | Comments(2)

セントレア

b0062687_18235730.jpg
b0062687_18241217.jpg
今日は、北海道スキーに行く親父さまを送りがてら、「中部国際空港・セントレア」に行ってきました。

混んでいるという話がテレビや新聞で取り上げられていましたから、かなり早めに出発。

7時半過ぎに港区の自宅を出て、金城埠頭~名港トリトン~大府~知多半島道路~セントレア と進み、8時20分頃には駐車場に到着。
早速4Fスカイタウンへ上がりました。

一番上の写真は朝8時半過ぎのスカイタウンより3F出発ロビーを見下ろす図ですが、
エスカレーターにもすぐに乗ることが出来、かなり空いています。

が、9時半頃より混み出して、長い列が出来・・・(2番目の写真)

そこへ係員が登場し、クネクネ道を作っていきます。(3番目以降)

まぁ、その手際の悪いこと、
エスカレーターの横に通路を造るもんだから、
途中からどんどん人が道を無視して入っていく。。。

はじめから横へ歩く通路へ誘導すればいいものを、って感じでした。

それでもそれほど混乱が無かったのは、まだ日が昇って間がないからでしょうか?
ヨッパライでも居た日にゃあ、えらい罵声が飛んでいたことでしょう(^^;)

ちなみに、4Fスカイタウンへ上がるエスカレータは他にも3カ所有り、
そちらを利用するとスムーズに上がれます。

セントレアブックを購入して、下調べしてから行きましょうねー!(^_^)/

あ、セントレアで買い物食事をして5000円以上になった場合、
駐車料金が600円(2時間分)割り引かれます。

私は帰宅してから気が付いて「しまったぁ~!」 と。。。(-_-;)
# by i-qss | 2005-02-21 18:05 | Comments(0)

最初で最後?

2月14~15日(月・火)と、白馬方面へスキーに行きました。

メンバーはいつもの、(最近固定化してきたし・・・)5人組です。

我が家のキタキツネ号は、5シーズン目のスタッドレスで。。。と考えていましたが、
友人を乗せるのにアブナイタイヤはイケナイと思い、ギリギリで新調しました。

おかげで何の心配もなく走ることができました。(^_^)

スタッドレスと○○は新しいほどイイってか!(^^ゞ ☆\(-_-;バキ!

あ、それって、もしかしたらこの「オレ」のことなのか・・・ _| ̄|○
b0062687_19465516.jpg

# by i-qss | 2005-02-16 18:41 | Comments(0)

気になる キになる?

今朝の雲です。

最近、わんこの散歩にデジカメを必ず持って行くようにしています。

で、空を見上げては今日の雲はどんなんかな~?と気にするのです。

ほとんどビョーキと、自分でも思いますが、
まぁこれくらいならまだいいほうカモ?

で、地震との関係は・・・??

これがわかれば苦労しないんですが(爆)
b0062687_182534.jpg

# by i-qss | 2005-02-11 17:59 | | Comments(0)

昨日、午後1時半より、港区災害ボランティア区民講座 第2回を受講してきました。

今回は、実際に社協の回りを歩いて、防災上のポイントを拾っていく実習を行いました。

普段見慣れて、安心感のある町並みも、防災上の観点から見ると
危ないところが数多く、自分の周囲ではどんなだろうと考えさせられました。

自宅周辺にある、消化器や給水栓の設置位置を確認しておくことも重要です。

給水栓はいざというときに、住民の手で設置が出来る上水道設備ですが、
小学校の周辺にあるのは確認できても、どうやって設置するのかを
知らないとどうにもなりません。

今回確認した給水栓に使う設備は、小学校の特活室にあり、
特活室のカギは誰が持っているのか、ということもポイントです。

「その時」に慌てないように、動いていかなければ。。。
# by i-qss | 2005-02-04 17:42 | ボランティア | Comments(0)

b0062687_1628209.jpg今日は仕事を抜け出して(!)
「港区災害ボランティア区民講座」という教室に行ってきました。

全2回の1回目で、内容としては、
RSYの栗田暢之氏の講義を聞いてきたのですが、
あらためて東海・東南海地震などの危険性を感じてきた次第。


氏の印象に残った言葉
「揺れは人を殺さない。人が造ったタンス、家、高速道路などが人を殺すのだ。」

地域防災やボランティアも大切だが、その前に自分が死なない対策が急務だと。。。

我が家の地震対策を急がねばなりません。


おりしも今朝の雲は非常に怖そうな状態でした。
素人では良くわからないものの、
かなり珍しい形をしていました。

東海大地震は確実にやってきます。
その時に少しでも慌てないように、準備をしていきたいと思っています。

けして、絵空事ではないのですから・・・。
# by i-qss | 2005-01-27 16:40 | ボランティア | Comments(0)

地震の講演

仕事を早退して、妻と二人して港区役所で行われた
「1.17 KOBE 地震になんか負けないぞう~なごや」という催しに行ってきました。

この催しの最後、18:30より行われた、
名古屋大学大学院環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授:センター長
(長い!)である、「安藤雅孝」氏の講演を聞きに行ったのです。

東海・東南海・南海地震の起こるメカニズム、周期、可能性などを
プロジェクターの映像を見ながらの講演でした。

回りを見ると、日曜日の夕方とあって子どもは少なく、
中高齢者が目立ちました。

こういう講演だとやはり関心を持っている方は少ないのでしょうか?

まぁかくいう自分も数ヶ月前まで実感が全くなかったのですから
何も言えないですが・・・。

少しでも啓発を続けていかないと、10年前の貴重な教訓を忘れてしまいます。

私もこれからはできるだけ緊張感を持ち続けたいと思います。

できるだけ・・・言うのは簡単ですが、難しいでしょうね。。。
# by i-qss | 2005-01-23 23:17 | 災害 | Comments(0)

阪神・淡路大震災

昨日、神戸市内にある、「人と防災未来センター」へ行ってきました。
http://www.dri.ne.jp/

詳細は上記サイトを見て頂くとわかりますが、
とにかく、実際に行ってその内容を見てくることをお勧めします。

我が家のある、名古屋市港区もかなりの確率で倒壊・液状化・火災などで
苦しめられるでしょう。

東海・東南海地震が起きればその被災地は広範囲に及び
行政はもとより、自衛隊・ボランティアもあてには出来ない状況が
容易に想像できます。

対策としては、神戸の方も言ってみえましたが、
「自分でなんとかするしかない」

まず、自分が助かるために、
その後、誰かを助けるために、何からやらねばならないか。

地域防災力と言う言葉を良く聞くようになりましたが、
実際にどれだけの地域がやっているでしょうか。

私もなんとか動き出したいと感じている次第。
# by i-qss | 2005-01-12 07:31 | 災害 | Comments(0)