湯ノ口温泉トロッコ

今朝は名古屋でも4度を記録。今年一番の冷え込みになったようです。
ワンコも簡易ベッド?の上が定位置になってしまいました。(^^ゞ
b0062687_13163242.jpg



さて、一昨日と昨日、久しぶりに和歌山県の川湯温泉へ行ってきました。

通い慣れた道・・・と思いきや、実は何年ぶりなんだろう?という印象で、道もかなり忘れていたのにビックリ。
歳なのかなぁ・・・

で、ココはずいぶんと行ってないトコロだったので外せないんです。









湯ノ口温泉清流荘から温泉までの短い区間を10分で結んでいる「湯ノ口トロッコ」。
正式名称はなんなんでしょ??
b0062687_12194782.jpg


清流荘からトロッコに乗ると10分で湯ノ口温泉(↑)に着きます。
で、帰りのトロッコは1時間後。
温泉に浸かって寛いでも十分な時間があります。

しかし今回は瀞峡観光をしたので時間が無くトロッコを見るだけとなりました。

久しぶりに見たトロッコは全然変わるところなく。。。
b0062687_12192155.jpg



小さい客車はヒトの背丈くらいしかありません。
(写真のモデルは175cmくらい??)
b0062687_12193573.jpg



機関車(モーターカー)は清流荘に置いてありましたが、しばらくするとこちらへ移動してきました。
b0062687_12193829.jpg



運転席はコレだけ、素晴らしく簡素ですね~(^^)
b0062687_12194076.jpg



お約束の連結器w
b0062687_12194356.jpg


バッファーはゴッツイけど、連結器は単なる鎖でした。

次回は鉄分補給に乗りたいと思います~(^^)/



そういえば、熊野からのルートが本当に楽になったのを実感しました。

熊野尾鷲道路が完成し、矢ノ川(やのこ)峠を通らなくなったのに加え、
尾鷲からの紀勢道が勢和多気ジャンクションまで繋がったので国道42号を殆ど通ること無く帰ってこられます。

大台町~紀伊長島への難所だった荷坂峠もいくつかのトンネルを抜けるだけ・・・

尾鷲から勢和多気ジャンクションまではたったの40分で帰ってこられました。
これはスゴイことです。

その代わり「紀伊長島マンボウ」とか「熊野きのくに」と言った道の駅に寄れなくなってしまったのが残念・・・

名古屋方面からは、「マンボウ」は荷坂峠を、「熊野きのくに」は矢ノ川峠を越えたところにあり、
「ココまで来たか」という感慨が得られた良い休憩地でした。

もちろん無くなってしまったわけではありませんが、今後これらの道の駅がどうなるか・・・

時間があれば、たぶん今は空いているだろう国道42号線でマッタリ旅をしてみたいものです。



あ、紀勢線の普通列車でも旅してみたいな~。。。(^^ゞ

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by i-qss | 2014-11-19 13:46 | 鉄道(その他) | Comments(0)

なんくるないさぁ。。。


by taka@