アンテナ考察

こんばんは。第1月曜日は営業のtaka@でございます。
とは言っても、忙しいことは無く、雑用をこなしてると1日なんてすぐに過ぎてしまいます。

で、昼間は殆ど降らなかった雨が夕方になって降ってきました。
明日は70%の降水確率だし、定例ツーリングは中止になることでしょう・・・(泣)
まだ FTM-10Sの送信試験もやってないので、ちょっとだけでも雨が上がってくれると良いんだけど。

で、バイクに付けたアンテナの話をば...








ブログを遡ってみると、2007年2月 に、VFR800R へ 39cmの Comet SBB1 というフレキシブルアンテナを付けています。
記事に寄ればアンテナも基台も、キタキツネ号に付けていたものだったんですが、それが今も残っているってスゴイ。(^^;

で、その後 Versys君では、77cmのAM対応アンテナ でした。
こちらも2009年3月というから、もう6年も前のことです。
その後、FTM-10S をVersysに付けたのが、2011年4月

ストラーダ君とモン造クンには 39cmアンテナを付けてましたが、ストラーダ君はナンバーステーが柔かったため長いアンテナは不適だったし、モン造クンには長いアンテナは似合わないと思ったから??

ま、ともかく、8月定例でのことを踏まえると、短いアンテナよりは長いアンテナのほうがいいだろうと家捜ししたら、キタキツネ号に付けていた VM-727X というアンテナを発見しました。
あまり使わなかったアンテナなのでキレイなのですが、これもだいぶ古いのは確か・・・(^^ゞ

ま、とりあえず、交換してみました。
b0062687_18002527.jpg
なんか、ナナメってますね・・・短いアンテナじゃ気にならなかったんだけど・・・(大汗

VM-727X のスペックは
■型式:1/2λノンラジアル(144MHz)、5/8λ2段ノンラジアル(430MHz)
■利得:2.15dBi(144MHz)、5.5dBi(430MHz) ■耐入力:200W 
■全長:98cm ■重量:210g ■接栓:M形


39cmの SBB1 が
●利得:144MHz:1.5dBi/430MHz:2.15dBiノンラジアル●周波数:144MHz:1/4λ、430MHz:1/2λ●ワイド受信100~170、350~470MHz ●耐入力:60W(FM)●全長:0.41m ●重量:100g

というのを見れば性能が良いのは明らかです。
しかし、重量が倍以上違います。

今回取り付けた場所:タンデムグリップとかグラブバーとか言われてますが、この材質ってプラ?なんですね。
あまりクランプに無理が掛かるとバキッ!!とか逝かないか心配です。
Versys の時はグラブバーが固めのゴムみたいなものだったのでちょっと安心してたんですが、それでも売却する時にはバーの根元に亀裂が入ってましたし・・・Σ(゚д゚;)

なので、重量は少しでも抑えたいところ・・・
いつものように、CQオームさんで調べてみると、SBB1と同じ重量で 95cm!という長いアンテナがありました。

AZ510FX(AZ-510FX) 144/430MHz帯RV車&オートバイ用フレキシブル【0.95m】
144/430MHz帯RV車&オートバイ用ノンラジアルフレキシブルモービルアンテナ(レピーター対応型)(D-STAR対応)
●利得: 2.15dBi(144MHz)、5.5dBi(430MHz) ●耐入力: 50W ●インピーダンス: 50Ω●VSWR: 1.5以下 ●全長: 0.92m ●重量: 100g
●接栓: M形 ●形式: 1/2λノンラジアル(144MHz)、5/8λ2段ノンラジアル(430MHz)●空中線型式: 単一型【WHIP】
グラスファイバー&ニッケルチタン線採用

時代は ぐらすふぁいばー と チタン ・・・素晴らしいです!!

で、コレに替えようと思ったんですが・・・


そもそも、長いアンテナより、給電点の問題じゃ???

ってなことを思ったりしまして、またまた迷路へ突入しました(笑)


たかがバイクツーリング用のアンテナに何をそんなに拘ってるんだか・・・www

自分でも呆れますが、続きはまた後日。(笑)(笑)



名前
URL
削除用パスワード
by i-qss | 2015-09-07 18:12 | G650GS | Comments(0)

なんくるないさぁ。。。


by taka@