驚速SSD と キューブPC

久しぶりの投稿、それも昨年末26日以来という(^^;)ことで、、、


本年もよろしくお願い申し上げます。


2016年一発目の記事は、何年ぶりかの自作パソコンでございます。

何年ぶりか・・・では せっかくのブログが生きてきませんので記事を遡ってみました。

こちらを見ると、

2013年5月8日 『4年も経ったのか・・・』 とありますが、作った記録はなく、

2014年2月14日『メインPC、そろそろ・・・orz』 とあり、ココでも DOS/Vマガジンを入手してますが・・・(汗
さらに同月に2度もパソコン関連記事を上げてますが結局お蔵入りというアリサマ・・・

2015年は自作PCの記事さえ無く・・・_| ̄|○

現在使っているノートPCは、Acer Aspire V5 V5-571P-F54D/S という機種で、2012年11月頃に入手してますが、使い出したのは XPのサポートが切れる 2014年4月直前でした。
同年2月の記事はXPサポート終了ということを見据えてのことだったのかと。。。


で、2016年1月・・・








昨年末にふと本屋で仕入れたDOS/Vマガジン。
付録に惹かれたってこともあるんですが(^^ゞ

年末は忙しさで読めず、年が明けてからようやく読み始めたところ・・
b0062687_21044334.jpg
こんな↓カレンダーが付いてたり。。。
b0062687_21044375.jpg
これがまた泣かせるパーツがたくさん・・・(☆。☆)

MTV2000なんて・・・当時ガンバッて仕入れましたよ~!
録画した番組もたくさんあるんですが、どのHDDに録ったんだか・・・(^^ゞ
b0062687_21044300.jpg
他にも、アダプテックのSCSIボードなんて懐かし杉!!( ̄∇ ̄;)
b0062687_21044534.jpg
あの当時はホントパソコンの自作にハマってましたねぇ。。。(トホイメ...
b0062687_21044563.jpg


ま、そんなこんなで、いろんな記事の中に見つけたのは、Shuttle のベアボーンを使った
『省電力&小型&パワフル』
というシステムでした。

記事では、Shuttle の DH170 という液晶ディスプレイのウラに貼り付けられるくらいの小型ベアボーンでして、
90W電源で TDP65W の Skylake コアを載せられるという最新をマザー搭載。

Core i5-6500 での作例でしたが、かなり使い勝手良さそう~o(^^)o

コレは!! イイッ!!!

私好みのパソコンでございます。


んで。。。

さらにスペックを読んでいくと、M.2 SSD という知らない名前が!!

DOS/Vマガジンを探してもナニか良く分からない・・・ということで
お世話になったのはGoogleセンセイ!!(^^)/

いろいろ勉強させていただきました。

要するに、今までの Serial ATA 接続ではなく、 PCIe 接続になることで、アクセススピードが段違いに速いということ。

参考になる記事は こちら とか ココ とか 。

ネットでポチってのも考えたんですが、まずは一目しておかねばと、正月明けにフラッと大須へ出向いたんです。

お目当てのDH170もありましたが、
そのヨコにあったのが キューブ型の SH170R6
こちらは TDP95W の Core i7 までフルに載せられる仕様。
5インチベイが1つに 3.5インチベイがふたつ(片方はカードリーダー収納可)、
PCI Expressスロットが二つ(×4/×16)に SATA6Gbポートが4つあり、拡張性に勝ります。

うーん、どっちにすべきか・・・すぐには結論でず、この日は撤収!





帰宅後さらにネットを彷徨っていると、 M.2 SSD にも2種類あるらしい。。。

同じ M.2 スロットを使うにしても、
レガシーな SATA3 (理論速度 6Gb/s)接続タイプと、最新の PCIe (同32Gb/s)タイプがあるとか。

小型のDH170 はM.2 SSD のサイズが 2260 (幅22mm、奥行き60mm)というタイプで、
このサイズだと256GB SSDでは実質コレ一つしか選択肢が無く、これが レガシーSATA3 仕様。。。(´Д` )

それに比べ、キューブ型 SH170R6 の M.2 スロットは 2280 サイズ(奥行き80mm)が載せられ、
このタイプならたくさんのSSDが出てる。

イチバンの候補はこちらのM.2 SSD
もちろん接続は PCIe ×4 で、32Gb/s 仕様!!

こうなったらこの爆速度を体感するしかない!!
と、ネットでポチポチ。。。www

↓これが その M.2 SSD
「SAMSUNG SM951-NVMeシリーズ
MZVPV256HDGL-00000 NVMe 256GB M.2 2280
PCI-Express3.0 Gen3 x4接続 MLC SSD」
b0062687_20563693.jpg
こんな小さい基板に256GBが記録できるなんて・・・時代の進歩は素晴らしい~o(^^)o

↓後ろのメモリがデカく感じます。。。
ちなみに、メモリは 8GB×2枚......って ヾ(・ε・。)ォィォィ
(メモリの種類が違いますケドね)
b0062687_20564489.jpg
HDDはXPマシンに入っていたWDグリーンと・・・
(でも、XPの2TB制限で、殆ど使用してない(^^ゞ)
b0062687_20565056.jpg
今回仕入れた同じく3TBのブルーを。
b0062687_20565616.jpg
さらに、
上のWDグリーンと同時に 2012年8月お盆に仕入れたものの、
XPマシンには合わなかったのか、
どうも使い勝手が良くなかったインテルの120GBSSD を拡張スロットに投入!
ええ、入っていただけで、結局使わなかったので新品同様です(笑)
用途は、久々に 音や動画の編集でもやってみようかと。。。
b0062687_20570916.jpg
今回グラボも仕入れました。
上のインテルSSDの向こうに見えてますが、GeForce GT 730 LP 1GB を。

M.2 SSD に資金を持って行かれたので、CPU は i5-6500 となりました。。。
ま、あとから替えられますし。。。(汗




さて、Windows10 を入れてみます。

このマザーは、M.2 SSD が入っていると、自動的にシステムをココに入れる仕様になってます。


インストール開始!!




ええ、、、、、、、、、、、、、、





って。。。。。








メッッッッッッッッッ・・・・・チャ速いやん!!!!!( ̄∇ ̄;)







プロダクトキーを入力したり、幾つかキーを押してた時間、再起動もありましたが、
それでもトータル時間は・・・

b0062687_20570220.jpg
たったの18分です!!



マジ爆速ですね。。。(☆。☆)



せっかくなので ベンチマークも取ってみました。
使ったのは、CrystalMark 2004R3

あんまり比較になりませんが、
今まで使っていたノートPC
Core i5-3317U 1.7GHz 4コア / メモリ 8GB
b0062687_22172136.jpg

次に、キューブPC ノーマルグラボバージョン
当然と言えば当然ですが、HDDの数値が桁違い・・・
b0062687_22163625.jpg


最後に、GeForce GT 730 LP 1GB を入れて...
b0062687_22164289.jpg
これで4K ビデオもフルで見られるかな?
いや、ビデオを買うつもりは全くないのですがw
2009年に買ったTM300がバリ現役ですし(^^)

つか、液晶ディスプレイをバージョンアップしなければ。。。


再起動はわずか20秒程度、
DVDドライブからのソフトインストール、
ネットダウンロードからのインストールともに
相ーーー当ーー!速いです!!
全くストレスナシ!!!

ホントスゴイマシンが出来上がりました。
巷のマシンもどんどんこんなんになっていくんでしょうね~。。。


ただ、気を付けないといけないことは、、、

SSD の 記憶データ はいずれ揮発する。

ってこと。

まぁ、日常使用では あんまり考えなくても・・・って???

いや、こちらのサイトが参考になるかも?

もちろん、デジカメなどに使うSDカードも揮発しますからご注意を。
あれで保存していると、知らぬ間に・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル

ワタシも何回泣いたことやら・・・(´Д` )









さぁて、これであと5年は使えるかな?
何しろ飽き性でコマリマスwww






名前
URL
削除用パスワード
by i-qss | 2016-01-13 23:01 | Personal Computer | Comments(0)

なんくるないさぁ。。。


by taka@