ワンコインデコーダを作る(その3)~不良の原因~

昨日は店先の紅葉の木に大量のイモムシがくっついているのを発見し、慌てて駆除に走ったtaka@でございます。
イモムシは綺麗な緑色をしているのですが、触れると大変な痛みを伴うということで、調べてみるとイラガの一種ということがわかりました。
駆除の方法については、農薬を使いたくなければ熱湯消毒という手もあるとのこと、早速やかんにお湯を沸かしてぶっかけてみたらボトボトと落ちてきます。
その数、30匹くらい・・・Σ(゚д゚;)
樹高も脚立を使えば真上から掛けられるくらいの高さだったことは幸いでした。
春の他、秋にも発生すると言うことですから今後も気を付けていかねば!

というところで本題。

火曜日に試験を行ったワンコインデコーダですが、調べてみるとハンダのエラーが見つかりました。








十分気を付けていたつもりでもこんな状態です。
b0062687_09234432.jpg


↓では、チップの一番右の脚が不良のようです。
b0062687_09234410.jpg

ただ、これらがどの症状を出したチップだったのかが分かりません。
(もう動かないですし・・・)

やあさんさまの言われるように、
最初の1個が白煙を上げた時点で全てのデコーダーを
点検するべきでした。

ちなみに、ポイントは DC12Vで試した結果では正常に動いておりました。


試験作動させたコントローラーは KATO D101 で、
アンペア数は 3.8A のACアダプタを使っております。


あと、焼損したチップはコレです。
b0062687_09234465.jpg
このチップだけ替えても、他のところでハンダ不良を起こしていれば
また同じ結果になるかも・・・



そういえば、チェック回路ってコレで良いのでしょうか?
整流ダイオードは要らないような??
b0062687_12062029.jpg





Commented by Yaasan at 2016-09-22 13:21 x
テスト用回路は以下です。よくある両極性のLED点灯回路です。抵抗値は2~5kΩくらいであれば問題ありません。

http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/BothPole.PNG

>BD6231F-E2焼損

見事に焼損してますね。BD6231F-E2を交換して以下の個所のテスターチェック(ショートしたら音が出るモード)を実施してください。

・5V-GNDのショート有無
・Keep Aliveの+~-のショート有無
・モータ出力のショートの有無(ポイント配線はつながない)
→上記でショートがあれば、はんだ付け不良、もしくは部品が逆、などです。

10xか20xのルーペで確認することをお勧めします。肉眼だと微妙な部分は見えません・・・。
Commented by i-qss at 2016-09-22 17:20
Yaasan さま。
素早いご助言ありがとうございます。

回路図ありがとうございます。
早速テストしてみます。

・・・の前にテスターチェックですね。

・5V-GNDのショート有無
> これは 78L05 でしょうか?
であれば、中央と左の端子ですね。

・Keep Aliveの+~-のショート有無
補助コンデンサ端子ですね。

・モータ出力のショートの有無(ポイント配線はつながない)
OUT端子ですね。

白煙が出たデコーダーのチェックをやってみましたが、
一つの Keep Alive 端子でブザーが鳴りました。
他のものは大丈夫でした。

それよりも、デジカメで拡大した写真を見て唖然とした箇所がまた見つかりました。
今回のはかなりハンダ不良が多そうです。。。(;´Д`A

ルーペ>早速注文しました。
めがね型の拡大鏡をしているのですが、デジカメルーペには叶いません。。。
名前
URL
削除用パスワード
by i-qss | 2016-09-22 12:08 | 鉄道模型(DCC自動運転) | Comments(2)

なんくるないさぁ。。。


by taka@