Desktop Station Software バージョンアップ!!

この2週間ほどハンダ付けの毎日を送っているtaka@でございます。(^^ゞ
何を作っているかと言えば、出来上がったデコーダーをポイントに組み込む作業をひたすらに・・・
ハンダの煙を毎日嗅いでいるせいか、カラダがムズムズと痒くなることが多くなったような...Σ(゚д゚;)
いえ、あのケムリはキケンらしいので、吸わないように小さな扇風機を回してはいるのですが。

さて、出来上がったポイントの裏側を備忘録として。
(あれ?ちょっと前にも載せたっけ??あちらは手動ポイントで、こちらは電動です)
b0062687_13105332.jpg
で、出来上がって試験してみると・・・
b0062687_13105364.jpg
LEDの付ける場所を間違っていたりします・・・orz

正解はこちら(↓)
b0062687_13105324.jpg
こんな間違いをけっこうやるから
仕事が進まないんですよね・・・


といったところで、本題。

DCCポイントがたくさん出来ましたので、改めてレイアウトを敷き直してみました。









こんな感じになりました。
b0062687_13410261.jpg

写真はこちら↓
b0062687_12522878.jpg
ただ、センサーはまだ6個しかないので、
b0062687_12522857.jpg
最初、真ん中、最後のヤード?にそれぞれ2個ずつ付けたのみです。
b0062687_12522852.jpg
たった6個のセンサーで動かそうと言うのですから無謀に思えるのですが・・・

そこは WAITIF 関数がありますから!!

ノートではやりにくいので、デスクトップで作ろうと ダウンロードページを開いたら、なんと Desktop Station がバージョンアップしてるではありませんか!!
それも 9/14に・・・気付くのが遅いよね...(´Д` )

しかも制作者のYaasanさまによれば、スロット指定の他に、GOTOIF 関数も実装されたとのこと!

実は、JAMP 関数に、「それ以外」の項目も付けてもらえれば・・・などと厚かましいことを考えていたんです。

WAITIF では、待ってなきゃいけないのがネックになり、
かといって、JUMP だと指定する構文が増えてしまいます。

「指定フラグ以外では動かないようにしたい」
と考えても、
「そのフラグ以外の時に JUMPを使う」ことしかできなくて、
逐一構文を立てていたんです。

それが
FLAG.1!=5 (フラグ1が5以外の時)
と指定して飛ばすできるのでメチャ便利になりました!o(^^)o

(他にも指定できる条件はたくさんあって、詳細はこちらのページ参照で~♪)

また、スクリプトの中でスロット指定もできるようになったので、
動力車を替えたい時には「複数機関車」画面で楽に対象を替えられるようになりました。

本当にありがとうございます。m(_ _)m


でも、まぁ、このレイアウトを6つのセンサーで動かせるかどうかは全く分からないんですが(滝汗......


ただ、気になることが一点。

レイアウト画面で、アドレスやセンサを指定し、OK をクリックすると必ず出る画面です。
このエラーは以前のバージョンにもあり、「続行」をクリックすればそのまま使えるのであんまり気にしてないのですが・・・
b0062687_13073258.jpg
「詳細」をクリックすると以下が表示されます。


Just-In-Time (JIT) デバッグを呼び出すための詳細については、
ダイアログ ボックスではなく、このメッセージの最後を参照してください。

************** 例外テキスト **************
System.ArgumentOutOfRangeException: インデックスが範囲を超えています。負でない値で、コレクションのサイズよりも小さくなければなりません。
パラメータ名: index
場所 System.ThrowHelper.ThrowArgumentOutOfRangeException()
場所 System.Collections.Generic.List`1.get_Item(Int32 index)
場所 DesktopStation.MainForm.LayoutBox_MouseDoubleClick(Object sender, MouseEventArgs e)
場所 System.Windows.Forms.Control.WmMouseUp(Message& m, MouseButtons button, Int32 clicks)
場所 System.Windows.Forms.Control.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam)


************** 読み込まれたアセンブリ **************
mscorlib
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8689 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework64/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
DesktopStation
アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
Win32 バージョン: 1.0.0.0
コードベース: file:///E:/My%20Documents%20E/鉄道関連/DCC_Auto/DesktopStation_095e2/DesktopStation_095e2/bin/desktopstation.exe
----------------------------------------
System.Windows.Forms
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8670 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.dll
----------------------------------------
System
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8690 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
System.Drawing
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8681 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.dll
----------------------------------------
System.Configuration
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8670 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Configuration/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Configuration.dll
----------------------------------------
System.Xml
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8679 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Xml/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Xml.dll
----------------------------------------
-nzcgbcn
アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8690 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
2mg-nbal
アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8690 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
xpbcunxq
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8690 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
Microsoft.VisualBasic
アセンブリ バージョン: 8.0.0.0
Win32 バージョン: 8.0.50727.8670 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.VisualBasic/8.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/Microsoft.VisualBasic.dll
----------------------------------------
11bcatly
アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8690 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms.resources
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8670 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms.resources/2.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.resources.dll
----------------------------------------
System.Runtime.Remoting
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8670 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Runtime.Remoting/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Runtime.Remoting.dll
----------------------------------------
mscorlib.resources
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8689 (QFE.050727-8600)
コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework64/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------


************** JIT デバッグ **************
Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、
またはコンピュータ (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging
値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。
アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければ
なりません。

例:

<configuration>
<system.windows.forms jitDebugging="true" />
</configuration>

JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、
ハンドルされていない例外はすべてコンピュータに登録された
JIT デバッガに設定されなければなりません。



Commented by Yaasan at 2016-10-01 04:06 x
エラーですが、再現しましたので、修正版を上げました。確認ください。
Commented by i-qss at 2016-10-02 16:02
Yaasanさま、こんにちは。
早速の対応ありがとうございます。
確認しましたが、大丈夫でした。
お手数をお掛けしました。
名前
URL
削除用パスワード
by i-qss | 2016-09-30 14:02 | 鉄道模型(DCC自動運転) | Comments(2)

なんくるないさぁ。。。


by taka@