2018年 02月 15日 ( 2 )

DSシールド with FlashAir (4) の続きです。

Yaasanさまがひと晩で改修してくださいましたので、こちらもなんとか場所を確保しその成果を体感いたしました。

結果は 大成功~~~~o(*^▽^*)o~♪


b0062687_13513612.jpg
動画は撮ってませんが、4重連、つまるところ、4輛同時運転が可能になりました!!o(^^)o


しかししかし・・・

やはり単に複数同時運転というだけでは、鉄道模型としては物足りません。

デジトラックス DT400だと、MUコマンドでの2重連運転は、それぞれにファンクションが使えます。
しかも、取説読んだら 7重連まで対応しているとのこと。
アメリカでは機関車が何両も連なっていますから当然かぁ・・・

一番上の黒いツマミを押すことで、車輌を選び、そのファンクションを変えることができます。
(画像は DT-402ですがパネルは同じ)

b0062687_14304054.jpg


重連ならば、前照灯でいえば、前補機は点灯、本務機は消灯。
碓氷峠などでの後補機は、前照灯消灯でテールライトは点灯。

良くある「ムド(無動力)」回送では、無動力機は F8でサウンドを消したい。

まぁ、こんなコトを言っていると、結局複数の高価なコントローラーを用意するしかないという結論になるのでしょうね。。。


でも、今回発見したことは、メインロコはファンクションが効くので、
サブロコを先頭にして、メインロコは2両目(本務機扱い)にすれば良いと言うことになります。
それならば、F8でサウンドを消すことも可能ですし。

3輛以上の重連では困りますが、それもロコアドレスを同じにすることで回避でき・・・るかな???




と・・・今回、重連ができれば良いなと思ったのですが、実はファンクションのことまで考えていませんでした。

先日の運転会で、ダンボさんが「ファンクションが足らなくなるよね。」と言われていた意味がようやくわかりました・・・(大恥)




あ、最後にバグ?を一点。
サブロコ入れる画面で、テンキーを出していただいたのは嬉しいのですが、「0(ゼロ)」がアリマセン(笑)
あと、メインロコ画面でもテンキーが出ると嬉しいトコロ。。。

要望ばかりで本当にすみませんです。。。m(_ _)m



by i-qss | 2018-02-15 14:51 | 鉄道模型(DCC) | Comments(2)

ハノーバー DCC化

運転会の疲れが出たのか、ちょと身体がダルいtaka@でございますが、やりたいことはイッパイあるので精力的にこなしていきます。

ハノーバーをDCC化しました。

紹介記事でも書いたように、この車輌は8ピンが付いているということで簡単にDCC化できるハズ。

バラしてみると・・・
b0062687_11162660.jpg









続きます→
by i-qss | 2018-02-15 12:00 | 鉄道模型(DCC) | Comments(0)

なんくるないさぁ。。。


by taka@