カテゴリ:鉄道模型(DCC)( 80 )

書き込みに失敗したマイコンはそのまま放置状態wなtaka@でございます。(^^ゞ

それはさておき、先の動画についての前後進エラーって、単に切り替わらないだけの問題ではありません。

2両のSLが前後向き(犬つなぎ)になって運転。
最初は向きを揃えてちゃんと走り、止まって向きを替えようとしたら『一度目だけが』きちんと切り替わらないことが不思議なのです。

コレ、2度目も同じように片方だけしか切り替わらないんだったら、こういう仕様だと思うでしょう。
(まあ、それでも不具合だっていうでしょうけど(ヲイ )

2度目は両方ともきちんと切り替わるので、一度目だけの不具合と思うのです。
これはデジタルとかアナログとか関係ないと思うのですが・・・
でも、私の足らないアタマではこれくらいしか思いつかないし、デジタル(DCC)の考え方がよく分からない私ではこれ以上の考察は不可能・・・orz

なんにしても、1日で対応していただいたのにはいつもながらビックリです。
いつもいつも素早い対応をありがとうございます。m(_ _)mm(_ _)m
b0062687_16324451.jpg



さて、KATOからアプリで無線コントロールできるシステムが発売されるらしいです。

これってBluetooth接続らしいのですが、商品説明にあるこの文章・・・

『Bluetooth方式による無線接続で、複数のスマートコントローラーを使用しても混信しません。』

Bluetoothって 1対1でしか繋がらないから複数のコントローラーを・・・って話になるんでしょうが、
スマートコントローラだけで13500円(8%税込で14580円)で、さらにACアダプターがHO用2300円(同2484円)で、1セット合計17064円(税込)もするのに、それを複数台揃えろと・・・Σ(゚д゚;)
複線2列車を運転するのに最低 34128円・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル
(まぁ、8掛けで買えば、27302円ですがw)


対して、Desktop Station の DSair は、こちらによれば、10480円
これに、FlashAir が、4100円
さらに ACアダプタ 1850円 をプラスしても、合計 16430円

しかも
DSair 1台で何列車も運転でき重連も可能です。o(^^)o
タブレットも1台で何列車でもOKです!!o(^^)o
もちろんタブレットは何台でも接続可能!!!何人で使っても DSairは1台で済みます!!
アプリ使わないので、機種依存ありません!(ブラウザが動けばOK!)

DCCによるサウンドSLは煙も!)や、
スマートカプラーを使えばドコでもいつでも突放が可能。(ダンボさん、勝手にリンクすみませんw)
室内灯も常時点灯、ヘッドライトやテールライトのオンオフ、入換灯も愉しめます!!!

ほんっっっっっとにDCCは面白くて愉しいです!!!



KATOさんには悪いけど、動力車(しかも1輛だけを)動かすだけでこんなにオカネが掛かるシステムをわざわざ開発するなんて・・・Σ(゚д゚;)



まぁ、DCCにはデコーダーを付けなければならないという、それなりに高いハードルもありますが、
それを上回る愉しさが待っていますから!!!o(*^▽^*)o~♪


以上、Desktop Station 信者からのお知らせでした~♪♪♪





by i-qss | 2018-04-07 21:39 | 鉄道模型(DCC) | Comments(5)

続)ISPシールド・・・

さて、前回の戯れ言でますます自分が惨めになったtaka@でございますが、
続いて、またも _| ̄|○ な記事。。。

***ISPシールドを使ったマイコン更新メニュー***

(1) Arduino UNOには、Arduino ISPスケッチ(Arduino IDEに含まれる)を書き込む
(2) メニュー)ツールの書き込み装置を「Arduino as ISP」にする。(ArduinoISPだとうまく動かないので注意)
(3) メニュー)ツールのブートローダを書き込む を押す。ATMEGA328P-PUをクリアするイメージです。数十秒して下部に書き込みが終わった旨のメッセージが表示されればOKです。
(4) 「書き込み装置を使って書き込む」を使って書き込むと、ライターシールドに差し込まれたATMEGA328P-PUに書き込みができます。通常の「マイコンボードに書き込む」やツールバーの→のボタンでは、ライターシールド上には書き込みできませんので注意が必要です。

***ココまで。

前回は (3)を理解できましたので、実行します。

ISPシールドをArduinoボードに載せて「ブートローダを書き込む」をクリックします。
b0062687_11041738.jpg

教科書には数十秒で終わると書かれているブートローダーへの書き込みは数秒(3秒くらい?)で終わった。
早すぎると思いつつ、エラーは出なかったので次に進む。












続きます→
by i-qss | 2018-04-06 18:01 | 鉄道模型(DCC) | Comments(4)
最近ちょっと疲れているようです。
2週連続のツーリングはヤブヘビだったかな・・・(´Д` )
いや、お役所へ出すアノ書類が・・・(;´Д`A
ぅぉ!そういや、来週もツーリングやがな・・・3週連続ってことかぃ。。。((;゚Д゚)ガクブル

そんな中、今回作った ISPシールド・・・
b0062687_08362554.jpg











続く→
by i-qss | 2018-04-06 12:01 | 鉄道模型(DCC) | Comments(2)
b0062687_19470959.jpg

前回の記事で書いた不具合の動画です。

ただ、この動画だけでは条件が足らないので、不具合と言うには早いかもしれませんが。

このあと、天賞堂カンタム C62(初期型)と、C61 でも同じ試験をしましたが、動作は変わりませんでした。


by i-qss | 2018-04-05 09:55 | 鉄道模型(DCC) | Comments(3)
今日の名古屋はなんと 27℃!!Σ(゚д゚;)
そりゃバイクで走っててもかなり暑かったはずだわ・・・(;´Д`A
ええと、今日は来週の定例ツーリングの下見へ行ってました。
2/27にも行ってますが、あの時は冬季通行止めが解除されてなくて、まともに走れなかったですから。。。
今日は朝8時前で15℃くらいで春装備でもかなり暑く、途中で脱ぎながら 最終的には初夏バージョンに近い出で立ちとなりました。
来週は桜を見るツーリングということで計画していたのですが、今日でも桜吹雪でしたから残念ながら葉桜ということになりそうッス・・・orz

さて、ツーリングからは15時には帰宅、ワンコの介助です。
やはり老父ではうまいこと排泄をさせられないようで・・・(ノД`)
今後も夕方には帰らないと...


で、時間があったので昨日作った DSair にケースを付けました。
パーツが当たる部分があったので、超音波カッターでぶった切りました。
マスキングテープ留めは、PICマイコンをすぐに取り外せるように・・・
b0062687_19362251.jpg









More
by i-qss | 2018-04-03 20:04 | 鉄道模型(DCC) | Comments(0)
続いて、デジトラックスの試験です。

ウチにあるデジトラデコーダーは、先日ハノーバーに載せた 古い?DN163 です。
b0062687_10281868.jpg
早速動画をば。



結果は、ギクシャクしてきちんと走りませんでした。
ハノーバーDCC化の記事で「ちゃんと走らない個体だった」と記してますが、実はソフトが原因でした・・・浅はかやった・・・orz
なお、ファンクションはヘッドライトのみしかありませんが、正常に動きます。


で、次に KATOのD101で試すと、きちんと動きます。(同じメーカーですからアタリマエw)

デコーダーが古いからですかねぇ・・・(^^;)



なお、昨日まともに走らなかった永末(NGDCC)のEF65 ですが、レールをキレイに掃除したところ普通に走るようになりました。
HOといえど、レールの清掃は重要ですネ!



by i-qss | 2018-02-23 12:01 | 鉄道模型(DCC) | Comments(4)
FlashAirのトラブルについては どうやらパソコン(というか、SDカードスロット)の個体差によるものという結論になり、今後も開発を続けていただけるようです。
ありがたいことで、早速バージョンアップされていました。

Yaasanさまの行動力に感服するとともに、今後のFlashAirシステムのさらなる発展を期待いたします♪♪♪


さて、DCC車輌について、上記リンク先に載っていたメーカー以外に、ウチでは永末システム(NGDCC)がありますので、早速試験をしてみました。

b0062687_21501071.jpg
まず、KATO EF58 に搭載したデコーダーを単機および重連でテスト。
重連にしてからの操作は、ヘッドライトを点灯させる車輌を替えるため F0をクリックしています。
どちらを親にしても同じように動きますし、バックが青い数字の車輌のファンクションを操作できるのが嬉しいです。
これが4車輌で可能なんですから、どの高価なコントローラーも真似できない部分です♪♪♪
↓動画です。


次に、アプリのエラーと、カニ21に搭載したサウンドデコーダーのテスト。
アプリのエラーは、重連表示から単機表示に戻したときに、重連ナンバーが残っていることです。
ただこのナンバーでは操作できないみたいです。
で、この症状が出たら、画面を下に引っ張ってリセットかけますw
結果はサウンドデコーダーでも問題なく操作できています。



あと、NGDCC車輌は、青い箱ではエラー表示が出て読み込めません。
今回試した4車輌(EF58×2、カニ21、EF65)のどの車輌も同じ症状でした。

テストで書き込みもしてみたいのですが、デコーダーが壊れそうでコワイので止めておきました(汗

この不具合を修正していただけると嬉しいです。


なお、EF65 は、今回の試験ではまともに走りませんでした。
でもコレはこの車輌だけのような気もします。
(集電不良みたいなところもあるので)
永末さんのデコーダーはこの4つしかないので、EF65 だけが悪いのかどうかは判別できかねます。
(中身は同じだと思うんですが、車種専用に作られているし・・・)

<今回のデコーダー型番>
EF58・・・DE33sx EF58

カニ21・・・DF21sx4Den

EF65・・・DE32sx EF65K


他に、Esuの、古いV3.5 を使った C11 はちゃんと動いています。

「天象道のガンダムw」たち も問題なく動いてます(^^ゞ



それにしてもTOMIXのDCC対応のなさったら・・・(´Д` )



by i-qss | 2018-02-23 00:01 | 鉄道模型(DCC) | Comments(2)

DSmain R5 の OLED化

先日の記事久々のDCC自動運転は??の続きです。

火曜日の休日にまる一日かけて Desktop Station をバージョンアップしたり、設定をいろいろ弄ったりして試験しておりましたが、
結局一度も動くことはありませんでした。。。(ToT)

いや、一度だけ動いたんだけど、アレはナニをやったときだったかな?
それが思い出せない・・・それも暴走気味だったのですぐに電源落としたような・・・???

というわけで、諦めていろんなDesktop Station関連記事を見ておりましたら、
この年頭にYaasanさまが 「DSmain R5 を OLED化する」 なんて記事を載せてました。

確かに DSmain R5 は表示が見にくい!
バックライトも無いので明るいところで無いと見えないし、文字も小さい。

バックライト付きに換装するという記事もどこかで見ましたがあまりココロ動かず、
でも、有機EL となるとちょと興味が湧いていきますw

ということで取り寄せました♪

安いですねぇ。。。送料の方が高いんだから...(^^ゞ
b0062687_13592321.jpg

↓裏面
b0062687_13592344.jpg








続きます→
by i-qss | 2018-02-22 14:24 | 鉄道模型(DCC) | Comments(0)
DSシールド with FlashAir (4) の続きです。

Yaasanさまがひと晩で改修してくださいましたので、こちらもなんとか場所を確保しその成果を体感いたしました。

結果は 大成功~~~~o(*^▽^*)o~♪


b0062687_13513612.jpg
動画は撮ってませんが、4重連、つまるところ、4輛同時運転が可能になりました!!o(^^)o


しかししかし・・・

やはり単に複数同時運転というだけでは、鉄道模型としては物足りません。

デジトラックス DT400だと、MUコマンドでの2重連運転は、それぞれにファンクションが使えます。
しかも、取説読んだら 7重連まで対応しているとのこと。
アメリカでは機関車が何両も連なっていますから当然かぁ・・・

一番上の黒いツマミを押すことで、車輌を選び、そのファンクションを変えることができます。
(画像は DT-402ですがパネルは同じ)

b0062687_14304054.jpg


重連ならば、前照灯でいえば、前補機は点灯、本務機は消灯。
碓氷峠などでの後補機は、前照灯消灯でテールライトは点灯。

良くある「ムド(無動力)」回送では、無動力機は F8でサウンドを消したい。

まぁ、こんなコトを言っていると、結局複数の高価なコントローラーを用意するしかないという結論になるのでしょうね。。。


でも、今回発見したことは、メインロコはファンクションが効くので、
サブロコを先頭にして、メインロコは2両目(本務機扱い)にすれば良いと言うことになります。
それならば、F8でサウンドを消すことも可能ですし。

3輛以上の重連では困りますが、それもロコアドレスを同じにすることで回避でき・・・るかな???




と・・・今回、重連ができれば良いなと思ったのですが、実はファンクションのことまで考えていませんでした。

先日の運転会で、ダンボさんが「ファンクションが足らなくなるよね。」と言われていた意味がようやくわかりました・・・(大恥)




あ、最後にバグ?を一点。
サブロコ入れる画面で、テンキーを出していただいたのは嬉しいのですが、「0(ゼロ)」がアリマセン(笑)
あと、メインロコ画面でもテンキーが出ると嬉しいトコロ。。。

要望ばかりで本当にすみませんです。。。m(_ _)m



by i-qss | 2018-02-15 14:51 | 鉄道模型(DCC) | Comments(2)

ハノーバー DCC化

運転会の疲れが出たのか、ちょと身体がダルいtaka@でございますが、やりたいことはイッパイあるので精力的にこなしていきます。

ハノーバーをDCC化しました。

紹介記事でも書いたように、この車輌は8ピンが付いているということで簡単にDCC化できるハズ。

バラしてみると・・・
b0062687_11162660.jpg









続きます→
by i-qss | 2018-02-15 12:00 | 鉄道模型(DCC) | Comments(0)

なんくるないさぁ。。。


by taka@