試作。

KATOのユニトラックという企画線路があります。
これを不自然に見えないようにするには・・・ということで
展示台を兼ねて試作してみることにしました。

3400系のカプラーはどうなったのかって?
なにぶん浮気性なもので・・・(^^;)

何かの梱包材として入っていた発泡スチロールにユニトラック248mm×2本を取り付け、
スプレーを吹いてみます。
b0062687_13594699.jpg
b0062687_140113.jpgまず、レッドブラウンを・・・
b0062687_1402797.jpgその次にウッドブラウンを。
b0062687_1414223.jpgレールの固着に木工用ボンドを塗り、ついでにバラストを蒔いてみます。

フツーはこんなコトしないんですが・・・まぁ試験ということで・・・
b0062687_1482177.jpgかなり不自然な傾斜ですな・・・しかも粒がデカイ・・・
b0062687_1484131.jpgボンドを伸ばすのに、段ボールを切って治具とします。
b0062687_1494767.jpgボンドが盛り上がった分、ちょっとマシになったかな?

でもボンドの量がたくさん要ります。。。モッタイナイ...

こちらにはターフ(緑色ブレンド)も蒔いてみました。

ボンドは乾くと透明になります。・・・が、どうなることやら?
# by i-qss | 2005-11-27 14:02 | 鉄道模型(N) | Comments(7)

やっと・・・

ここ数週間バイクばかりでしたが、やっと「鉄」へ戻れました。

友人に頼んでおいた、KATOの82系用自連カプラーが手に入ったので
3400系に付けるべく加工開始です。
b0062687_22164542.jpgまずはKATO自連「6062C3」(左)と、TOMIX TNカプラー自連「0371」との比較です。

KATOのが小さくていいですね。
でも他のカプラーと繋げないのが残念なところです。
今回は3400系同士をくっつけるだけなので問題ないですが。
b0062687_22291759.jpg6062C3 を加工します。

上面の突起を全て削ります。

左が加工後。右ノーマル。
b0062687_2230815.jpgなんと、動力車(右)の床下に段差が!

ノギスで計ったら0.25mmくらい・・・0.3mmプラ版のスペーサーで大丈夫かなー?

ま、今回はココまで。。。

眠いので。。。Zzzz...

ナカナカ ススマナイ...
# by i-qss | 2005-11-26 22:34 | 鉄道模型(N) | Comments(6)

男たちの大和

Yahoo!ニュース - スポーツ報知 - 「男たちの大和」公開前に100億円突破?

私も2枚寄与してますが(^^;)、スゴイ人気のようですね。
ますます公開が楽しみになります。

「男たちの大和」 公式サイトでは劇場予告やメーキング映像が見られます。
http://www.yamato-movie.jp/

公開前にメーキングDVDを発売するというのも珍しいですね。
早速手配しましたが(爆)


20数年前でしょうか?
「連合艦隊」という映画で、やはり大和を扱った作品がありました。
高校生の私が戦争というものの悲惨さや愚かさを初めて体感した映画です。

谷村新司が謳った主題歌「群青」も、心に残りました。

戦争ほど愚かな行為はありません。
憎しみを増幅させるだけなのに・・・
# by i-qss | 2005-11-24 23:46 | 日々... | Comments(0)

1025km

昨日、尾道「大和ロケセット」と 呉「大和ミュージアム」を廻るツーリングにて
22時間、1025kmを走破しました。

疲れましたが、貴重な経験となりました。

VFR800の高速巡航性能に助けられ、
GIVIスクリーンの恩恵にあずかり、
一緒に行った3名の仲間の存在も大きなものでした。
b0062687_1356116.jpg2005年11月21日 午前4:36 自宅前にて
b0062687_13561343.jpg2005年11月22日 午前2:36 自宅前にて

大和ロケセットでは、戦艦大和の大きさを体験し、
映画「男たちの大和」のメイキングビデオも見られ、手に汗をかきました・・・。
12月17日の公開が楽しみです。
b0062687_13551638.jpg艦首だけでこんなに大きいんです。

その辺のフェリーも及びませんね。。。
大和ミュージアムでは、
海から空へ変わる時代に産まれた戦艦大和の不遇な一生を目の当たりにし、太平洋戦争の悲惨な一面を垣間見ました。

10月に行った、神風特攻隊基地・知覧と重なります。

武力では何も解決しない。
現在もどこかで争いが起こっていることは悲しいことです。。。

b0062687_13553940.jpg
10分の1模型ですが、それでも全長26.3m!

進水式もおこなわれたそうですが、動力を積んでいるかは不明。
# by i-qss | 2005-11-22 14:06 | VFR800VTEC | Comments(8)

高速長距離仕様。

だいぶ迷っていたんですが・・・

GIVI スクリーン(DSシリーズ)を装着しました。

先日の川湯ツーリングでは、タンクバッグがジャマで伏せられないため
常時走行風が肩から頭に当たり大変疲れたことと、
来週の「第2回Over The 1000km 呉・尾道ツーリング」を控えて
高速長距離を如何に乗り切るかを考え、ついに導入に至りました。

・・・と言えばカッコはイイが、どんどん軟弱になっていくんだよネ・・・(^^ゞ

ま、ノーマルスクリーンとの比較をしていきましょう。
b0062687_18393437.jpg見ただけでかなり大きいのが分かりますねー。
b0062687_18425535.jpg高さもかなり違います。
また形状も風を上方に逃がすようjになっていますね。
b0062687_1843823.jpg
b0062687_18455639.jpgノーマルスクリーンの高さは、約14cm。
b0062687_18454323.jpg対して、GIVIスクリーンは、18.5cmです。
b0062687_1848699.jpg長さは、43cm。
b0062687_18482165.jpgこちらは、51cmです。
b0062687_1849207.jpg重ねると違いが良く分かりますね。

以下、装着時の比較です。
b0062687_18495135.jpgノーマル時。
b0062687_1850615.jpg換装後。
b0062687_18505779.jpg横からの図。
b0062687_18512163.jpgミラーの高さを上回ってますねー。

車検時はノーマルに戻さないと通らないかな?
b0062687_1853442.jpg
b0062687_18535845.jpgいやー、こんなに違うとは思いませんでした。

高速を走るのが楽しくなりそうです。(^_^)

でも、ETCが使えないんだよねー。。。なんとかしてくれー!!(怒)
# by i-qss | 2005-11-19 19:03 | VFR800VTEC | Comments(4)
中古ですが、換えてみました。
以前よりはかなりマシになりました~(^_^)

b0062687_16254421.jpgランオフエリアの小石がハデに傷を付けてくれて。。。

え?おまえのせいだろ!って?

・・・その通りなんですが・・・(^^ゞ
b0062687_16263366.jpg新品は6500円ですが、その1/3程度で手に入れられました。

ヤフオクに感謝!(^^;)

b0062687_16342650.jpgあとはステップだけですね。

これもかなりガリガリに削れてます・・・。
# by i-qss | 2005-11-18 16:38 | VFR800VTEC | Comments(2)

761.4km

一昨日・昨日と、クラブの企画で「和歌山県・川湯温泉ツーリング」に行ってきました。

1日目はかなり寒く、VFRの外気温計が二桁を記録することはありませんでしたが、
その分、川湯温泉が例年になく熱い湯で、存分に楽しめました。
b0062687_10454757.jpg2日目早朝の川湯温泉・仙人風呂の様子です。
下流側3分の1のあたり(写真では奥の方)は、熱すぎて入れないくらいでした。

川の水を入れて調節していると思うのですが、それ以上に源泉の温度が上がっているのでしょう。
これって、地下のマグマ活動が活発になってるのかな・・・?(^^;)考え過ぎか...

そういえば、今回も宮城沖で地震が起こりましたね。
今年8月に熊野へ来た時にも、同じ宮城沖で地震が起こったんだっけ。
しかも両方ともけっこうデカイ地震・・・なんか、ヤな感じですねー。。。

たまにはバイクの写真も撮っておかないとね。
b0062687_10481966.jpgフレームスライダーがスマートに付いて、ウレシイです。

でもあまり出っ張ってないので、サイドカウル防御にどれくらい効果があるのか疑問。(^^;)
2日間の走行距離は761.4kmでした。
山道もノロノロ国道もよく走りましたねー。

肩がコリコリです・・・
来週はどうなることやら。
# by i-qss | 2005-11-16 10:57 | VFR800VTEC | Comments(7)

完成~!

3日続けてのバイクネタです。
「鉄」まで手が回りません・・・(-_-;)

昨年12月5日に転倒し、右側全削の大ケガを負ったVFRクンですが、
ここ1ヶ月の修理でようやく元の姿に(近く)なりました。

ついでに、フレームスライダーを取り付けようと思い立ったので、
ラジエターのリザーバータンクの加工まですることになってしまい、
けっこう大がかりな作業に・・・

来週の川湯ツーリングに間に合わせるべく、かなりの突貫工事の結果・・・

昨晩加工したラジエターリザーバータンクをさらに削り、取付に支障が出ないようにします。
b0062687_18334413.jpg
パテと一緒にポリプロピレンシートもカッターナイフで削り、ボンドGクリアーを塗布。これでかなり丈夫になります。

b0062687_18335416.jpg見た目は良くないけど、見えないところだからヨシ。
b0062687_18354782.jpg古いタンクからラジエター液を移します。

これを見る限り漏れることはないようです。
b0062687_18364350.jpg加工済みタンクとフレームスライダーを取り付けた図。
b0062687_18372728.jpgフレームスライダーは、左右で長さが違っていました。

当初知らなくて、不良品かとガッカリしましたが。(^^ゞ
b0062687_18383774.jpg右側の図です。
こちらはボルトを換えるだけです。

後ろに見える削れたクランクケースカバーが痛々しいので、急遽塗ることにしました。

b0062687_18394435.jpg新聞紙で適当に覆って、エンジン用耐熱つや消し黒を塗ります。

雨が降りそうな天候ですが、関係無しです。(^^;)
b0062687_18413670.jpg乾きそうにないので、そろそろ出そうと思っていた電気ストーブを引っ張り出し、強制乾燥!
b0062687_1841523.jpgきれいに塗れました~!!(^_^)

ムラやホコリ、ケースの前後で色が違う等々ありますが、まぁ気になりません。(いちおうA型です(爆))
b0062687_18421919.jpg完成の図!

ついでに、ステッカーを05年モデル仕様にしました。(^^;)
b0062687_18424359.jpg仕事の合間にやったにしては、か~なり満足です!(^_^)v

「やったぁ!」という実感がありますね。ウレシイです!


他、チェーン引き・オイル補給と洗車も行い、
来週の1泊川湯ツーリングの準備は万端です!

再来週の「呉ツーリング」もがんばるゾ~!(^_^)/
# by i-qss | 2005-11-11 21:19 | VFR800VTEC | Comments(5)

穴、開けるべし。

春先に買っておいた、フレームスライダーを付けるべく、サイドカウルに穴を開けた。
新品に穴を開けるのはかなり勇気が要ったが・・・

カウルに所定の位置をけがく。

b0062687_15323348.jpgVFRのMLによると、この位置より10mmほど後ろ側のほうがいいとのこと。(赤丸がその位置)
b0062687_1421196.jpg電動ドリルに木工用の穴開けノコを装着。

あっという間に、キレイな穴が開いた。。。

うれしいやら、もったいないやら・・・(^^;)

もう片方は最初から開いていたが、少々小さいので広げる。
b0062687_14283880.jpgちょっとガタガタでしたが・・・
b0062687_14285025.jpgまぁるくキレイな穴になりました。(^_^)


次は懸案だったラジエターリザーバータンクの加工です。
失敗しても良いように、新品を買ってきて加工することにしました。

b0062687_15365088.jpgまず、A4の紙に実物から図面を起こし、現物に合わせます。
b0062687_15374590.jpgひっくり返したところ。
b0062687_153861.jpg中心を決めます。

上部ねじ穴がかかりますので、このネジは使えなくなりますが、ワイヤーなどで釣る予定。
近頃こんな作業が増えてきたため、ホームセンターで安売りしてた作業台を購入。b0062687_1540573.jpgで、使ってみたら、
『なんて使いやすいんだー!!』

こんなことならもっと早く導入しておけば良かった・・・

で、タンクにもこんなキレイに穴が開きましたぁ!
b0062687_1543580.jpgポリプロピレン製のシートです。

231円でした。
b0062687_15441941.jpg円筒形にしたポリプロピレンシートをはめ込み、水中用エポキシパテで周りを囲います。

もちろんタンク内にもパテを押し込んでます。
b0062687_15454277.jpg反対側(車体側)からの図です。

余っているシートとパテは乾燥後に削ります。


エポキシパテはポリエチレン(タンク本体)にもポリプロピレン(シート)にもくっつきませんので、
ボンドGクリアーをパテの周りに塗っておきます。
Gクリアーは、ポリプロピレンの接着ができるのです。
パテとくっつくのかはわかりませんが・・・(^^ゞ
ダメだったらシート引っぺがして残りの部分にもパテを充填する予定。。。

パテの乾燥には6時間かかるらしいので明日まで乾かします。
さてさて、ちゃんとくっつくのやら・・・??
# by i-qss | 2005-11-10 16:01 | VFR800VTEC | Comments(7)

カウルの仕上げ

いよいよカウルにクリアを塗り、仕上げをしたのですが、

結論から言えば、大失敗でした。。。(ToT)

耐ガソリン・耐久性を考えて、ウレタン樹脂を塗ったわけですが、
塗る範囲とスプレー缶の塗装可能範囲があまりにも離れていたのと
対象物から離しすぎたのも一因かと・・・。

スプレー缶は、1缶で0.6~1.0平方メートルという範囲を塗装可能とありましたが、
テールカウルも塗ったためあきらかに足らない状況です。

なくなったらまた買ってきて塗ればいいや~と思っていましたが、
ウレタン樹脂は塗り重ねは乾く前までで、乾いてからの塗り重ねはできないのを
あとから知りました・・・_| ̄|○

結局写真のように中途半端なツヤがでたのがカウルの上部のみという失態に終わり、
見た目はサフェーサーを吹いた時とあまり変わらないという・・・_| ̄| ○

b0062687_13511335.jpgテールカウルです。
上面はそれなりにツヤっぽくなりましたが・・・
b0062687_13512182.jpgサイドカウル上部です。

ここが一番ツヤ出てるかなー?
b0062687_13522178.jpg中程から下の方は、ほとんどツヤがありません。。。(泣)
また中古部品が出たら何とかしようっと。。。
# by i-qss | 2005-11-09 13:55 | VFR800VTEC | Comments(9)

なんくるないさぁ。。。


by taka@